共働き母のがんばらない日々

DWEと育児と家事を如何に楽して楽しむか。息子は2歳。

ピアノアドベンチャー;Name game

うろ覚えないので、曲名間違ってるかも知れませんが。

黒鍵を弾きながら名前を言う遊びです。

案外息子にウケています。

 

Let’s / all / play / a / game. (黒鍵を上がりながら)

Play / and / say / your / name.  (黒鍵を下がりながら)

息子の名前〇〇〇〇  (どの黒鍵でも良い)

 

テキストをみると、最後の名前のときにはド#を弾けみたいに書いてあるのですが

Youtubeをみると黒鍵ならどこでも弾いて良いみたい。

そうこなくっちゃ。面白くないですよね。

 

色んなメロディで息子の名前を弾くと、

ひょうきんな音の動きと、それに乗って自分の名前が読み上げられるのがくすぐったいみたいで、

様々なリアクションで笑ってくれます。

 

もちろんテキストにある通り、息子の名前以外に

夫や私の名前を歌ったりします。

 

Razzle-Dazzleしかり、子どもの笑いのツボはどこにあるのかわからないのものです。

ピアノアドベンチャー; Will you play ?

これは楽しい曲です。音源の方には所々にクラシックの曲が潜んでいますしね。

ワタシ的には、弾きながら英語で歌うのがしんどいですが。

というか歌えていない。

 

最近の息子は理解が進んで、

ひよこさん (ちょぼちょぼ、という弾き方)

Tiger  (じゃーん、という弾き方)

と言いながらそれぞれ、鍵盤をいじっています。

 

そこまで、ですけどね。

ネズミ(short)とヘビ(long)には至っていないです。

 

これは私の英語弾き語りの練習曲って感じでやっています。

ピアノアドベンチャー; Roll Call (Mrs. Razzle-Dazzle!)

pianoadoventure という本を買って、おうちで英語で楽しくピアノやってます。

私が楽しんでる節もありますが、冒頭のRoll call という導入曲は

息子も当初から楽しんでいて、よく「もっかい」とリクエストされます。

 

特にMrs. Razzle-Dazzleが好きみたいで、

最近は「らぞだぞ!」と合いの手を入れてくれます。

 

カラフルで楽しいですよね。

 

ピアノアドベンチャー買ったのは1歳8ヶ月で、当時はどんだけ前のめりなんだよ!って感じで

少なくとも大小、長短がわかる2歳半くらいじゃないと厳しいかな、なんて過去記事に書いてましたが

2歳前には「おおきなかぶ」が好きだったし、2歳4ヶ月でも徐々に親しんできている感じはあります。

 

レッスンって感じはなくて、遊びって感じですけどね。

おうちで私とやるからそんなもんで十分ですけど。

誰の真似っ子? (おまけ)

仮面ライダーやら仏像やら、ポーズを真似るのにハマっている息子。

そもそも「まねっこ」とか言ってふざけて大人の真似をすることもあります。

 

その1 私のくしゃみ

花粉症でくしゃみをしょっちゅうしているのですが、

抱っこしている時にくしゃみをすると

「けほっ」と真似をして、こっち見てニヤリとします。

 

その2 道端ですれ違った小学生の屈伸

道を歩いていると、スポーティな小学生のお兄さんが走って我々を追い抜いていきました。

ただ、信号で我々はそのお兄さんに追いついてしまいました。

お兄さんはスポーティよろしく、信号待ちの間にもアキレス腱伸ばしや屈伸をしていたのですが、

息子もバレない程度にお兄さんの真似をして屈伸。

こっち見てニヤリ。

思わず私もニヤリ。

 

我々、なんだか結構おちゃらけた母子かもしれません。

夫婦で面談してもらった

息子が手を繋がないことに端を発して、こちらから申し入れて保育園で再度面談してもらいました。

やっぱり、自分以外にも息子のことをよく知っている専門家(保育士)がいるというのは、超!心強いです。

 

面談では、目新しいことではないですが

・危険なことは絶対に許さない。

・事前にルールを作ったり、見通しを伝える。

ということを再確認しました。

 

例えば

大通りや駅ホームでは危険なため、 手を繋いで歩くor抱っこ の2択を死守。

手を繋がないで歩く、という選択肢は与えない。

 

毎日用もないのに電車に乗って寄り道しないよう、

例えば週末金曜だけは電車OK、あとは土日ね。と事前にルールを作っておく。

 

など。

 

今回夫にも同席してもらいましたが、その理由は2つ

・我が家では夫の育児参加率が半分(以上)

・夫はお迎え〜帰宅まで2時間くらいかけて、

 元々予定にない電車に乗ったり買い物に寄ったりすることを何とも思っていない

 

特に後者については度々私と意見が合わずに衝突していました。

 

今回の面談で明らかになったこととして

夫自ら「こっちから(遠回りして)帰ろう」と息子を誘い出している事もあったみたいです。

川をぼーっと眺めたり。息子がではなく夫が。夫が!

 

私なりの解釈ですが、テレワーク続きの夫自身が、息子との道草の時間を楽しみにしていたみたいです。

 

寄り道については安全に直結する話ではないので、

きつすぎず、ゆるすぎず、ちょうどよいルールを決めておく必要がありそうです。

ここは少しずつ、日々夫と意見を交換して考えて行きたいと思います。

2歳の息子、誰の真似っ子ポーズでしょう?その2

仮面ライダーゼロワンの静止画@うちわを見て、決めポーズの真似を楽しみだした息子です。

 

最近、もう一つポーズの真似っ子をしています。

誰の真似でしょうか?

 

正解は、仏像です!

しょっちゅう寄るお寺の、お気に入りの仏像たちのポーズを真似しています。

 

渋い。。

息子にとって仮面ライダーと仏像は大差ないということですよ。今のところ。

 

今度ちょっと足を伸ばして大仏でも見せてあげようかな。

大きさに魅了されて、その場から動けなくなるんじゃなかろうか。

 

夫の予想では、圧倒されて、そもそも直視できない。

確かに。

2歳の息子、誰の真似っ子ポーズでしょう?

うちはほとんどテレビを見ません。

なので息子はヒーローものとかも、動いているのは見たことありません。

唯一、くら寿司でもらった仮面ライダーゼロワンのうちわがあります。

私がふざけて、ゼロワンの人たちの決めポーズを真似していました。

 

青は、こう! (両手を正面に伸ばしてピストルを構えるポーズ)

orangeは、こう! (片手にピストルを持って、その手の甲を相手に向けるポーズ)

redは、こう! (両手を傘のように下げるポーズ)

むらさきは、こう! (腕を左右に伸ばし、両手の甲を相手に向けるポーズ)

 

おばさんが、シャキーン、と次々とポーズを繰り出す姿、、

たいしてかっこよくも面白くもないと思いますが、息子は影響を受けちゃったみたいです。

 

ヒーローのポーズを真似するようになりました。

たどたどしいながら、ヒーローが醸し出す シャキーン 感をがんばって出そうとしています。

なんとも可愛らしいです。

 

まだヒーローの静止画しか見ていないので、戦いみたいな動きをしないので、非常に平和です。